妊婦さんが食べたらだめなのものよりこれに注意!

妊婦さんが食べてはいけないと言われているものっていっぱいありますよね。

 

妊婦さんが食べてはいけないものを紹介します。

 

例えば、レバーを食べてはいけないと言われたりします。

 

 

意外なものだと葉酸も取りすぎが良くないと言われたりもしますね。葉酸は妊娠の時期によっては積極的に取った方がよかったりするのですが、必ずしも取りすぎが良いというわけではありません。

 

添加物や塩分、水銀を含む魚、ナチュラルチーズ、大豆や納豆の食べ過ぎ、よく火を通されていない肉や卵は避けた方が良いと言われます。

 

反対にサプリメントでは、葉酸やカルシウムや DHA などを摂取した方が良いと言われたりします。

 

食べてはいけないものを知らず知らずのうちに食べてしまったということがないようにしましょう。

 

 

妊婦さんの食事で注意すること

 

 

妊婦さんの食事で食べてはいけない成分や食品を紹介しました。食べ過ぎは良くないし、偏った食事は良くないということでした。妊婦さんの食事はバランスガイドが重要です。バランスガイドは栄養士の人が作っています。それなので、信頼できるものです。

 

ただし、バランスガイドを神経質に守りすぎる必要もありません。正確に料理を作るのはとても難しいことです。取れた時期や産地によって野菜に含まれている栄養も異なってきます。それなので神経性慣れすぎで疲れてしまわないようにしましょう。あくまでも、目安としてバランスガイドを参考にするというのがおすすめです。

 

 

少しでもバランスガイドに従っていないからと言ってだめだとか、ぴったりだから良いというようなことを気にする必要ありません。

 

 

 

妊婦さんの食事で禁止されているものと併せてお水に注意しよう

 

妊婦さんの食事で禁止されているものは多いですが、それよりも気をつけた方が良いのがお水です。食べ物を気をつけることも大切です。食事のバランスを考えることも大切です。そのためにバランスガイドについても言及しました。だけど、それ以上に清潔なお水を飲むことが大切です。赤ちゃんの体はほとんど水でできているからこそ、健康を考えると清潔なお水を摂取することは避けて通れないことなんです。

 

 

赤ちゃんの健康を第一に考えたとき、食事のバランスを考えただけでは十分ではありません。それがあまり言及されていません。実は、赤ちゃんのために飲んでいるお水が大事なんです。

 

お母さんが飲むお水で羊水ができています。羊水は赤ちゃんを包んでいるお水のことです。

 

 

綺麗な水を飲めば羊水は綺麗になります。水道水をそのまま飲んでいれば汚い羊水になってしまいます。赤ちゃんの健康的な体を考えるのであれば綺麗な環境の羊水を用意してあげることが大事です。綺麗なお水の状態が保たれることで赤ちゃんは健康になります。

 

赤ちゃんがアトピーやアレルギーになる原因はこの羊水の清潔さで決まると言われています。羊水が綺麗であればアトピーになる比率がぐんと下がりますし、羊水が綺麗でなければ赤ちゃんはアトピーになりやすいというデータもあります。

 

妊娠中のママが飲んでいる水がダイレクトに影響するのが羊水です。積極的に綺麗なお水を飲んで赤ちゃんの健康が保てる羊水を作ってあげましょう。

 

どんなお水を使えばいいのかというと自然の栄養が豊富な天然水を使うことが理想的です。ナチュラルミネラルウォーターのことです。そのまま飲むだけでも使えるし、料理をする時でも使えます。コーヒーを飲むときに天然水を使うとやわらかさがありおいしいです。ただし、カフェインが含まれている飲み物は妊娠中は避けなくてはいけませんが。

 

天然水の種類はいろいろあります。一番良いのはナチュラルミネラルウォーターが提供されているウォーターサーバーです。品質管理がしっかりとされていますし、定期的に家まで届けてくれるのでとても便利です。

 

妊婦さんが食べてはいけないと言われているものっていっぱいありますよね。

 

妊婦さんが食べてはいけないものを紹介します。

 

例えば、レバーを食べてはいけないと言われたりします。

 

 

意外なものだと葉酸も取りすぎが良くないと言われたりもしますね。葉酸は妊娠の時期によっては積極的に取った方がよかったりするのですが、必ずしも取りすぎが良いというわけではありません。

 

添加物や塩分、水銀を含む魚、ナチュラルチーズ、大豆や納豆の食べ過ぎ、よく火を通されていない肉や卵は避けた方が良いと言われます。

 

反対にサプリメントでは、葉酸やカルシウムや DHA などを摂取した方が良いと言われたりします。

 

食べてはいけないものを知らず知らずのうちに食べてしまったということがないようにしましょう。

 

 

妊婦さんの食事で注意することとバランスガイドライン

 

 

妊婦さんの食事で食べてはいけない成分や食品を紹介しました。食べ過ぎは良くないし、偏った食事は良くないということでした。妊婦さんの食事はバランスガイドが重要です。バランスガイドは栄養士の人が作っています。それなので、信頼できるものです。

 

ただし、バランスガイドを神経質に守りすぎる必要もありません。正確に料理を作るのはとても難しいことです。取れた時期や産地によって野菜に含まれている栄養も異なってきます。それなので神経性慣れすぎで疲れてしまわないようにしましょう。あくまでも、目安としてバランスガイドを参考にするというのがおすすめです。

 

 

少しでもバランスガイドに従っていないからと言ってだめだとか、ぴったりだから良いというようなことを気にする必要ありません。

 

 

 

妊婦さんの食事で禁止されているものと併せてお水に注意しよう

 

妊婦さんの食事で禁止されているものは多いですが、それよりも気をつけた方が良いのがお水です。食べ物を気をつけることも大切です。食事のバランスを考えることも大切です。そのためにバランスガイドについても言及しました。だけど、それ以上に清潔なお水を飲むことが大切です。赤ちゃんの体はほとんど水でできているからこそ、健康を考えると清潔なお水を摂取することは避けて通れないことなんです。

 

 

赤ちゃんの健康を第一に考えたとき、食事のバランスを考えただけでは十分ではありません。それがあまり言及されていません。実は、赤ちゃんのために飲んでいるお水が大事なんです。

 

お母さんが飲むお水で羊水ができています。羊水は赤ちゃんを包んでいるお水のことです。

 

 

綺麗な水を飲めば羊水は綺麗になります。水道水をそのまま飲んでいれば汚い羊水になってしまいます。赤ちゃんの健康的な体を考えるのであれば綺麗な環境の羊水を用意してあげることが大事です。綺麗なお水の状態が保たれることで赤ちゃんは健康になります。

 

赤ちゃんがアトピーやアレルギーになる原因はこの羊水の清潔さで決まると言われています。羊水が綺麗であればアトピーになる比率がぐんと下がりますし、羊水が綺麗でなければ赤ちゃんはアトピーになりやすいというデータもあります。

 

妊娠中のママが飲んでいる水がダイレクトに影響するのが羊水です。積極的に綺麗なお水を飲んで赤ちゃんの健康が保てる羊水を作ってあげましょう。

 

どんなお水を使えばいいのかというと自然の栄養が豊富な天然水を使うことが理想的です。ナチュラルミネラルウォーターのことです。そのまま飲むだけでも使えるし、料理をする時でも使えます。コーヒーを飲むときに天然水を使うとやわらかさがありおいしいです。ただし、カフェインが含まれている飲み物は妊娠中は避けなくてはいけませんが。

 

天然水の種類はいろいろあります。一番良いのはナチュラルミネラルウォーターが提供されているウォーターサーバーです。品質管理がしっかりとされていますし、定期的に家まで届けてくれるのでとても便利です。

 

更新履歴